Company HistoryCompany History

沿革|岩岡印刷の歴史

1929

  • 1929年3月 大阪市西区阿波堀にて活版印刷業を創業

1940

  • 1947年4月 戦災後、大阪市住吉区中加賀屋にて工場再建
  • 1947年7月 岩岡書籍印刷株式会社に法人改組

1950

  • 1952年11月 岩岡敏志 代表取締役に就任
  • 1954年5月 関西初のA倍判活版輪転機を導入
    その後、東京機械製A倍判3色輪転機を増設

    関西初のA倍判活版輪転機を導入 その後、東京機械製A倍判3色輪転機を増設

  • 1958年1月 岩岡印刷株式会社に商号変更

    岩岡印刷株式会社に商号変更

1960

  • 1966年10月 米国ATF社との技術提携による
    東芝機械製A縦全判オフ輪の国内1号機を導入

    米国ATF社との技術提携による東芝機械製A縦全判オフ輪の国内1号機を導入

  • 1966年12月 高速オフ輪の稼働に伴い、トライメタル版を開発
  • 1969年8月 東京都千代田区西神田に東京支社開設
  • 1969年9月 東芝機械製B横全判4色オフ輪の稼働開始

1970

  • 1971年1月 岩岡敏志 トライメタル版の実用化に対し、 大阪府発明実施功労賞を受賞
  • 1973年11月 千葉県野田市に野田工場(東京工場)竣工
    東芝機械製A縦全判2色オフ輪、
    B縦全判4色オフ輪(サテライト型)を設置

1980

  • 1981年10月 東京支社を文京区本駒込に新築移転
  • 1982年8月 写研製APS-μ5を導入、活版組版から電算写植へ移行
  • 1988年11月 岩岡敏志 藍綬褒章受章

1990

  • 1990年10月 電算写植機導入
  • 1991年8月 大阪府泉大津市に大阪工場竣工

    大阪府泉大津市に大阪工場竣工

  • 1996年8月 アキヤマ製四六全判2色両面枚葉機を導入
  • 1997年5月 東芝機械製A縦全判4色オフ輪を更新

2000

  • 2001年1月 東芝機械製A縦全判4色オフ輪を増設
  • 2001年3月 岩岡裕志 代表取締役に就任
  • 2001年8月 アキヤマ製菊全判4色両面枚葉機を導入
  • 2003年12月 本社・大阪工場にCTP出力機を設置
  • 2005年9月 東京支社・東京工場にCTP出力機を設置
    東西4事業所をVPN接続し、相互バックアップ環境を構築
  • 2009年1月 モリサワ製組版ソフトMC−B²を導入

2010

  • 2010年8月 富士ゼロックス製プロダクションプリンタ
    700 Digital Color Pressを導入
  • 2012年12月 モリサワ製組版ソフトMC−SMART
    を導入
    東京工場の照明をLED灯へ交換
  • 2013年8月 富士ゼロックス製プロダクションプリンタ
    をColor 800 Pressに更新
  • 2014年3月 大阪工場の照明をLED灯へ交換
    東京工場・大阪工場のコンプレッサを全台更新
  • 2014年6月 小森製菊全判4色両面枚葉機(H-UV)を導入
    大阪工場に新棟を竣工

    大阪工場に新棟を竣工


    枚葉棟の加湿器を無水滴型から圧力型へ更新(コスモテック製)
    リフター(紙積替機)2台及び、ジョガー(紙揃機)1台を追加導入(ミューテック製)
  • 2015年5月 大阪工場CTP出力機を更新
  • 2015年8月 東西工場の自動見当装置を2台更新
    大阪工場輪転機冷却システムを水冷式から空冷式へ更新
    東京工場CTP出力機を更新
  • 2015年12月 紙積替機1台を増設
  • 2016年2月 富士ゼロックス製プロダクション
    プリンターDocuColor 1450GAを導入
  • 2016年7月 東西工場の自動見当装置を3台更新
  • 2016年8月 大阪工場、事務棟及び枚葉棟の壁面塗替実施
  • 2017年8月 大阪工場、輪転棟壁面の塗替及び、
    輪転棟屋根に、遮熱型塗料の塗布実施
  • 2017年10月 本社・東京支社の照明をLED灯へ交換
  • 2017年11月 東京工場にGTB製非接触紙面検査装置
    CorrectEyeSISを導入
  • 2018年1月 大阪工場にGTB製非接触紙面検査装置
    CorrectEyeSISを導入