Mind of Make Plates

電子製版部門のこだわり

わたしたちの本造りの
「技」へのこだわりは
常に最高のサービスと品質を
お客様へお届けするため、
新しい技術に挑戦し続けます。

普段から心がけている点はなんですか?

自分の主な仕事は組版及び面付作業です。作業時にはとにかくチェックを怠らず、ミスをなくすよう心がけています。

特に印象に残っている、
うれしかったことは?

組版を担当時に良い製品が出来た時、営業から「上手く組版ができて仕事がスムーズにいった」と声をかけてもらえた瞬間はうれしかったですね。

仕事のココが楽しい!

現在主に面付作業を担当しています。ここでは組版データが、後工程でどのように処理されていくのかを知ることができ、徐々にこの工程の作業についても理解し始めてきました。このように新しい発見を積み重ねることで、最終的な「書籍」という商品がいったいどのような工程を経て市場に出されるのか、印刷に関する全体像がわかってくる感じが楽しいです。

新しい発見を積み重ねることが、
仕事の楽しさに繋がる。

普段から心がけている点はなんですか?

会社のモットーである、「迅速・丁寧・親切 考えて実行」を順守することを心がけ、作業が完了した物でも、再度チェックし直すことを心がけています。

特に印象に残っている、
うれしかったことは?

組版を行っていたとき、自分の作成した商品の出来栄えについてお客様の喜ぶ声を聴けたときがうれしかったです。

では逆に、くやしかったことは
ありますか?

怠ることなく確認作業はしていますが、だからこそ小さな不注意から、大きなミスを発生させてしまった際はとても悔しく思います。

今後はどんな仕事に
携わっていきたいですか?

電子書籍元年と言われてくしばらく経ちました。今後は、デジタル関係の知識を深め、業務に役に立つよう勉強していきたいです。

先を見据え、
デジタル関係の知識を深めていく。

普段から心がけている点はなんですか?

私の担当は電子製版部で、組版を行っているのですが、 組版作業で求められていることは“丁寧さ”と“速さ”です。求められている作業を見極め、とくに“速さ”が求められている場合は作業効率を上げて組版するよう努めています。しかし一方で、速さだけを求めるとミスを起こしやすくなりますので、このような場合は、チェックをいつも以上に入念に行うよう心がけています。

プライベートでつい出てしまう
岩岡印刷ならではの“癖”

悪い癖なのですが、買った本に誤字・脱字がないかをつい確認してしまいます(笑)。

求められている事は、
“丁寧さ”と“速さ”の両立。

普段から心がけている点はなんですか?

自分としては違った表現で組版した方が簡単と思っても、後日修正が発生した場合、必ずしも私が行うとは限りません。このため、チームとしての効率を上げるために、部内で取り決められたルールを順守して組版するよう心がけています。

どんなところに苦労していますか?

組版の難易度によっては、自分の思った通りに進行しない場合もあります。 このようなとき、納期までに組版を仕上げるのは非常に苦労します。

特に印象に残っている、
うれしかったことは?

自分自身が携わった書籍が校了となり、印刷・製本を経て書店に並んだときが、組版作業をしていて良かったと思えるうれしい瞬間です。

入社1年目と現在で、
自分なりに変わったと思える点は
ありますか?

入社して間もない頃は、組版という仕事がどの様なものか明確にはわかっていなかったのですが、時が経つにつれ、同じ作業を行うにも様々な表現方法があることを学び、奥が深い仕事だと実感できるようになりました。

同じ作業を行うにも、
様々な自分なりの表現方法は存在する。

普段から心がけている点はなんですか?

印刷前工程の段階から、最終印刷物と同様の処理を行うことを意識しています。例えば校正時には、実際に印刷するときと同じ機械を通してデータ処理をし、出力設定も印刷時と同じにしています。
実際の印刷で起こりうるミスを事前に発見、修正するためです。

うれしいと感じる瞬間はいつ?

印刷前、内容に関する明らかに不自然な点を発見すると、営業経由でお客様に連絡をします。その結果、修正が入ることがありますが、それが見つかりにくい箇所だった場合『ここで気付かなかったらそのまま印刷していたかもしれない。自分はこの本をより良くするために貢献できた』と実感し、うれしく思います。

岩岡印刷ってどんなところですか?

ていねいな仕事をする会社です。自分の仕事に誇りが持てますよ。それだけに、責任感の強い人が向いていると思います。

この本をより良くするために、
どれだけ貢献できるか。